第1回日本ポジティブサイコロジー医学会学術集会あさかホスピタル50周年記念講演会 ポジティブに生きるためのサイエンス ~福島の未来に、今、必要なこと~

2012年11月27日(火)に、第1回日本ポジティブサイコロジー医学会学術集会・あさかホスピタル50周年記念講演会が、ホテルハマツで開催されました。本学術集会は、あさかホスピタル50周年記念講演会と共催して、医療関係者や一般・学生の方まで幅広い約300人もの方々に県内外からご参加いただきました。現在も多くの福島県民が復興に向けて前向きに歩んでいますが、将来に向けて、よりポジティブに、より幸せを感じて生きていくためのアドバイスを登壇いただいた先生方に伺うことができました。また、有森裕子さんのお話では、ご自身の体験からマイナスなこともプラスに捉えていくことが大切であり、あきらめずに夢や目標を持つことの素晴らしさを教えていただきました。東日本大震災、東京電力福島第一原発事故が福島県民に与えた心の影響は、はかりしれないものです。今回の学術集会・講演会で学んだ内容を活かすべく、これからもあさかホスピタルは、地域の皆様と心の復興について、前向きに取り組んでまいります。

掲載新聞記事

日本ポジティブサイコロジー医学会

ページのトップに戻る